HOME>注目記事>募集要項を確認してから応募することがポイント

いろいろなジャンルがある

飲食店員

飲食店で働いてみたいという人は飲食店の求人情報を見てみましょう。インターネットでも手軽に見ることができます。また、よく通っているお店で募集していることもあるので、訪れる際、掲示板などに募集の張り紙が貼られていないか確認することも大事です。それから、飲食店といっても細かく分けると様々な種類があります。居酒屋のようにお酒を出すお店もあることでしょう。お酒を出すお店の場合、未成年では働けないことが多いので、その点は注意が必要です。働けたとしても夜遅くは働けないこともあります。働く時間帯もきちんと確認しましょう。高校生などの若い人が働く場合にはファミリーレストランやファストフードなどがおすすめです。シフト制勤務となっており、比較的、学生などの募集もよく行っているからです。土日などの休日には午前中から働くこともできるため、お昼には賄い食が出ることもあります。

募集要項を確認しよう

カフェ店員

飲食店の求人に応募するためにはそれぞれのお店の特徴や種類を調べてみましょう。ホール担当とキッチン担当とでは仕事の内容もかなり違ってきます。人前に出ることが苦手な人はキッチン担当を希望した方が無難です。キッチン担当でも調理をするのではなく、皿洗いなどの雑用募集もあります。料理ができなくても働くことは可能です。ただし、職場によっては忙しくなるとホール担当の助太刀をすることもあります。必ずしも人前に出なくていいというわけではありません。その点も頭に入れておきましょう。また、店舗によってはお酒を出すところもあります。酔っ払いが苦手な人はお酒を出す店舗は避けた方がいいかもしれません。もしくは夜間の勤務を避けましょう。

広告募集中